セイビ・コミュニティのマンション管理

TOPページ > 事業紹介 > 修繕・リニューアル事業

  • 文字サイズ

お客様のご要望を受け止めるために、中立的な立場で修繕事業をコンサルティングします。

お客様のマンションの資産価値を守るために、
セイビ・コミュニティでは、管理組合様の立場に立って、
マンションの部位や設備の定期点検や建物全体の建物診断を行い、
必要な修繕と行うと同時に、計画的なリニューアルをご提案いたします。
長期修繕計画案の作成・見直しから
大規模修繕工事のコンサルティングまでお任せください。

定期点検・小修繕

マンションの状態を定期的に把握しするために、建物・設備の定期点検は欠かせません。たとえ小さな変化でもその先にある長期修繕計画や大規模修繕工事に影響を与えるため、早期発見は何よりも重要です。修繕作業は、劣化の度合いや緊急性に応じて、優先順位をつけて実施します。電気・水道・ガスなど生活に支障を来す恐れのある修繕は迅速に対応し、緊急性の低い修繕に関しては、計画的にまとめて実施することで、費用の軽減にも考慮した対応を行います。

建物を構成する外部、内部の様々な部位は、環境・構成素材等が違うため、各々で修繕期間は変わってきます。鉄部塗装は5~6年、屋上防水やシーリング、外壁などは10~12年がおよその修繕周期です。こうした修繕周期に沿って長期修繕計画を立てておけば、適切な時期に修繕工事が実施できるようになります。
マンション部位と修繕時期の目安
建築

・外壁塗装 10~12年
・天井バルコニー塗装 10~12年
・シーリング工事 10~12年
・タイル補修クリーニング 10~12年
・屋上防水 10~12年
・開放廊下防水 10~12年
・バルコニー防水 10~12年
・鉄部塗装 5~6年

設備

・受水槽取替 20~25年
・エレベーター取替 30年
・照明器具取替 15年~20年
・給水ポンプ取替 13年
・構内舗装 20~25年
・集合郵便受・宅配ボックス 20年
・機械式駐車場 20年~25年
・駐輪機 13年

※修繕時期の年数はおおよその目安であり、諸条件により異なります。

大規模修繕工事

長い年月にわたってマンションを維持・保全していくための修繕積立金を運営・管理し、マンションの分譲業者が作成した「長期修繕計画」に基づいて修繕・改修工事を実施いたします。長期間におよぶ管理の流れにおいては、時代の変化に対応した設備の増強や改修工事への対応も求められ、「長期修繕計画」そのものの見直しや、適正な価格での業者への発注など、常に管理組合様目線での対応が求められています。セイビ・グループでは、50年の歴史の中で数多くの改修工事やコンサルティングを経験してきました。過去の事例をもとに、的確なコンサルティングが行えると自負しています。

当社の大規模修繕工事は「元請け」ではなく「コンサルティング」です。

管理会社の多くが、大規模修繕工事を自社または子会社で請け負う「元請け」方式を取っていますが、セイビ・コミュニティは、お客様目線で工事業者を公正に監理し、透明性・中立性を保つために「コンサルティング」方式を採用しています。管理組合様の経営や資産を預かる立場として、責任を持って修繕工事を遂行いたします。

図:元請け方式とコンサルティング方式の違い
ページTOPに戻る